GR ヤリス

201_l.jpg

GRヤリスの正式発表が近づくにつれ、新しい動画が公開されるなど、徐々に雰囲気が盛り上がってきていますね。本来であれば、すでに発表されているはずでしたが、オーストラリアの山火事の影響で延期されていました。だから、待たされた分、期待が高まるのも仕方ないでしょうね。


ヤリスと言えば、日本名はヴィッツでしたが、今回のモデルチェンジで世界共通の「ヤリス」という名称に統一されることになりました。ヴィッツは、コロンとしたフォルムと相まって、どちらかと言えば女性に選ばれそうな可愛らしいルックスでしたよね。ヨーロッパでは、WRCもに出場するような、モータースポーツのイメージが強いモデルだという知識はあったので、その乖離になかなか付いていけずにいたんですよね、正直。
それが今回、ヤリスへと名称変更するにあたって、ルックスでもスポーツカー然としたものに改められることになりました。

標準車が5ドアなのに対し、GRヤリスは3ドアを採用するようですし、WRCなどのレースを戦うためのベース車両としての性格も持ち合わせるんじゃないかと推測されています。



ちょっと、いや、かなりカッコいいと思いますし、新しいクルマが必要だと思っているタイミングなので、値段によっては選択肢の一つとして真剣に悩みたいと思ってるんですよね。(本命は別にあって、今のところ揺るがないと思っている)

走りに特化したクルマを手足のように操れる(かどうかはべつにして、気分だけでも)喜びって確実にあると思います。子育てファミリーだからといろんなことを諦めてコンパクトカーを選ぶよりは、ひそかな楽しみとして「羊の皮を被った狼」に乗るのもいいと思うんです。3ドアとなると、家庭内稟議を通り抜けられるかどうか厳しい状況もあるでしょうが、ここは一つ、正式発表まで妄想を楽しんでみるのも乙なもんでしょう。